米マイクロソフトのアイパッド追撃はいばらの道-新OS公表でも

ソフトウエア最大手、米マイクロ ソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は、同社が 近い将来にタブレット型コンピューターで米アップルの「iPad(ア イパッド)」との差を縮めるのは難しいとみる懐疑的な見方に直面しそ うだ。関係者によると、マイクロソフトは来週ラスベガスで開催され る家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」 でタブレット向けの新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を発表する 見通し。

米投資会社キャピタル・アドバイザーズのキース・ゴダードCE Oは、「マイクロソフトの製品が理解されるころには、誰もがアイパッ ドを保有しているだろう」と述べ、「立ち遅れた」と指摘した。

事情に詳しい関係者2人が先週明らかにしたところによれば、マ イクロソフトは、1月6日から始まるCESで英半導体設計会社AR Mホールディングスの技術に対応するウィンドウズの完全版を公表す る見通し。ARMとの協力は、アップル追撃を強化するためマイクロ ソフトが取った方法だ。だがゴダード氏は、バルマーCEOがアイパ ッドに匹敵する性能を示すことができない限り、マイクロソフトの取 り組みは頓挫する可能性があると語った。

マイクロソフトの広報担当、フランク・ショー氏はコメントを控 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE