101歳まで現役株トレーダー、美術愛した投資家ニューバーガー氏死去

101歳まで株取引に携わった米 資産運用会社ニューバーガー・バーマンの共同創業者、ロイ・ニューバ ーガー氏が死去した。107歳だった。同氏はジャクソン・ポロックやジ ョージア・オキーフ、エドワード・ホッパーなど米国人画家の作品の収 集家としても知られていた。

息子のジムさんによると、ニューバーガー氏は24日、ニューヨーク の自宅で老衰のため死去した。

ジムさんは「父は1929年、株価暴落の数カ月前にウォール街で仕 事に就いた。25歳だった。99歳まで毎日働いていた」と振り返る。

ニューバーガー氏は長い年月をかけて美術品約1000点を購入。約 70年にわたって取引した株とは違い、美術品を売却することは決して なかった。

ニューバーガー氏は100歳を迎えた2003年、ブルームバーグ・ニュ ースのインタビューで「売却するのは私にとって犯罪行為のようなもの だ。美術に関しては作品を愛しているから買う」と語った。

売却するのではなく、美術品はメトロポリタン美術館やニューヨー ク近代美術館、ホイットニー美術館など米国の数十カ所の美術館に寄贈 した。収集品の大半は、ニューヨーク市の北方、ニューヨーク州ウィン チェスター郡パーチェスで1974年に設立したニューバーガー美術館に 収蔵されている。

「人生を愛する」

ジムさんは「父は人生を愛していた。仕事も趣味も。芸術家たちを 支援しているという事実が気に入っていたのだと思う」と話す。

ニューバーガー氏が97年に出版した自伝「So Far, So Good: The First 94 Years」(仮訳:これまでのところはまずまず:最初 の94年間)で「最初は目的のために美術品を収集していた。活動して いる芸術家を支援するためだ。今では私はただ美術を愛しているだけ だ」と記している。

ニューバーガー氏は39年に故ロバート・バーマン氏とともに資産運 用会社を創業。取引手数料なしの投資信託を提供する先駆けとなった 企業のうちの1社だった。

100歳の誕生日には、現役の株式トレーダーとして相場見通しが的 中する確率を70%と見込み、「取引を楽しんでいるし、かなりの腕前 だ。ただ、間違うこともたくさんある」と語っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE