プーチン露首相は犬にしか愛情を注げない-服役中のユコス元経営者

ロシアの石油会社ユコスの元経 営者で服役中の元資産家、ミハイル・ホドルコフスキー氏はプーチン首 相について、優しさと寛容さがあればよかったが、犬にしか愛情を注げ ない人物だと批判した。

ホドルコフスキー氏は24日、ロシア紙ネザビシマヤ・ガゼータに 掲載された記事の中で「犬への愛情だけが誠実で優しく、2000年代初 頭の国のシンボルがまとった氷のようなよろいを溶かす」と指摘。「そ のようなよろいを身に付けた人物は幸福にはなれない」との見方を示し た。

ホドルコフスキー氏は脱税の容疑で有罪を宣告され、8年間収監さ れる判決を受けて服役中。これに関連した容疑で追起訴され2度目の裁 判の判決が言い渡される予定で、刑期は6年間延長される可能性があ る。かつて時価総額でロシア最大の企業だったユコスは300億ドル(現 在のレートで約2兆5000億円)相当の脱税を指摘され破たん。資産は複 数の企業に売却された。

プーチン首相(58)は内部告発サイト「ウィキリークス」に掲載さ れた米大使館の公電で「アルファ・ドッグ」と表現され、クジラやト ラ、クマなどに接近した映像が露国営テレビ放送でしばしば放映されて いる。

昨年12月に放映された毎年恒例の国民の質問に答える番組では、 動物といる方が閣僚といるより幸福なのではないかと聞かれた。

プーチン首相は「プロイセンのフリードリヒ大王はかつてこう言っ た。『人を知れば知るほど犬が好きになる』と。私は全ての動物を愛し ており、特に深刻な問題を解決するために現在の地位を利用しているだ けだ」と答えた。

先週放映された今年の番組では新しい飼い犬バッフィーについて聞 かれ「非常に素晴らしい仲間であり、彼をとても愛している」と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE