【中国・注目株】万科企業、保利房地産、工商銀、建設銀、聯合通信

中国株式市場の主な注目銘柄は以 下の通り。株価と株価指数は24日の終値。上海総合指数は20.06ポイ ント(0.7%)安の2835.16。CSI300指数は0.8%安の3162.96。

中国人民銀行(中央銀行)は25日、この2年余りで最高水準とな ったインフレ率に対応するため、10月以来約2カ月ぶりに利上げを実 施すると発表した。人民銀は今後も追加利上げに踏み切る可能性があ る。声明によると、0.25%の利上げで、1年物貸出金利は5.81%、1 年物預金金利は2.75%となる。26日から実施。

不動産株:中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH) の株価は1.9%高の9.01元。同2位の保利房地産集団(600048 CH) は変わらずの13.89元。

銀行株:時価総額で世界最大の金融機関、中国工商銀行(601398 CH) は変わらずの4.18元。中国2位の金融機関、中国建設銀行(601939 CH) は0.2%安の4.69元。

中国聯合通信(600050 CH):中国2位の携帯電話事業者の経営権 を握る中国聯合通信は、米アップルの多機能携帯電話「iPhone (アイフォーン)」の「3GS」8ギガバイトモデルの価格を従来の 4999元(約6万2500円)から3999元に引き下げると発表した。株価 は0.7%高の5.72元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE