米大統領:富裕層向け減税、12年打ち切り目指す-ジャレット上級顧問

ジャレット米大統領上級顧問は、 今月成立した減税延長法について、オバマ政権が今後2年間にわたり 富裕層向け減税の打ち切りに取り組むことを明らかにした。

同法をめぐってオバマ大統領は、失業手当の給付延長とともに、 年収25万ドル超の世帯向け減税の2年延長に同意。上院共和党に譲歩 した。ジャレット上級顧問は、この問題が2012年の大統領選前に再び 争点になるとの見通しを示した。

同上級顧問は、富裕層向け減税について「オバマ大統領は打ち切 りに向けて戦いたいと考えている」と説明。「大統領は2年の延長期間 の終了時に懸命に戦うことになる」と語った。NBCの番組「ミート・ ザ・プレス」の収録でインタビューに答えた。

バイデン副大統領も先週、同番組で、富裕層向け減税の打ち切り が12年の目標になるとの見通しを示した。

ギブズ大統領報道官は、CNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユ ニオン」で、オバマ大統領は可能な限り最良の取引をしたと指摘。「わ れわれには十分な票がなかった」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE