中国、銀行に差別化した預金準備率課す可能性-胡中銀副総裁

中国人民銀行(中央銀行)の胡 暁煉副総裁は、来年マネーサプライ(通貨供給量)の伸び鈍化を目指 す同国が、流動性と与信を抑制するため銀行に対し差別化した預金準 備率を課す可能性があるとの見解を明らかにした。

胡副総裁は24日、民間銀行幹部や人民銀当局者との会談後に発表 した資料で、同中銀の主要な責務はマネーサプライ拡大の「正常化」、 すなわちM2の伸びを金融危機時に採用された緩和政策の時期よりも 緩やかなペースにすることになろうと述べた。

胡副総裁は、「国内外の流動性は潤沢であり、インフレ期待は比 較的強く、インフレ圧力は高まり続けている」と分析。「穏健(慎重) な金融政策に戻ることは、インフレ期待のコントロール強化や資産価 格バブルの防止に寄与するだろう」と指摘した。

資本流入や2年間で17兆元(約212兆円)に達した銀行融資によ って国内の資金が過剰になるなか、人民銀は今年、預金準備率を6回 引き上げた。胡副総裁はこの日の発表資料で、人民銀は銀行に差別化 した預金準備率を課すことにより、目標を定めた融資の誘導と過剰流 動性の吸収が可能になるだろうと述べた。

--Zheng Lifei. Editor: Nerys Avery

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Kenshiro Okimoto ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zheng Lifei in Beijing at +86-10-6649-7560 or lzheng32@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE