トヨタ副社長:今後の設備投資の目安は7000億円程度-生産改善で削減

自動車メーカー世界最大のトヨタ自 動車の新美篤志副社長は24日の説明会で、生産改善で設備投資を「少な くとも4割減らしたい」と述べた。また、今後の設備投資の目安は7000 億円程度と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE