来年の食品価格上昇、アジアのインフレ加速につながる公算-野村HD

アジアでは来年、食料品の需要拡 大が価格上昇を促し、消費者物価を一段と加速させる可能性がある。野 村ホールディングス(HD)のヨージェシュ・キャトリ氏はこうした見 方を示し、来年はコスト上昇が主要なテーマになると予測した。

野村HDのシニアエコノミストであるキャトリ氏(シンガポール在 勤)は、各国政府が価格変動ペースを算出する際、食料品は極めて大き な割合を占めるため、食品価格の上昇はアジアにとって大きな打撃とな る可能性が高いと指摘した。同氏はブルームバーグテレビジョンのイン タビューで述べた。

キャトリ氏はアジアでのインフレ圧力は、域内への資本流入と食品 価格の上昇によるものだと分析。インフレは「来年の主要テーマ」だと 話した。

11月の国連食糧農業機関(FAO)の世界食料価格指数は5カ月 連続で上昇し、約2年ぶりの高水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE