韓国:資金流入と資産バブルのリスクも、追加利上げなら-企画財政省

韓国企画財政省は、インフ レ抑制に向けて政策金利がさらに引き上げられれば、同国は海外資金 流入と資産バブルのリスクに直面する可能性があるとの見解を示した。

同省は24日の国際経済政策に関する閣僚級会合のために用意 した声明で、「インフレ抑制を狙った利上げを実施すれば海外からの 資金流入を招き、資産バブルが発生する可能性は非常に高い」と指摘 した。

韓国は今週、海外からの資金流入を抑え、10年余り前に同地 域に金融危機をもたらした急激な資本逃避を防ぐ措置を発表。先進諸 国のゼロに近い借入金利が新興市場の高利回り資産の需要を押し上げ る中、中国や南アフリカ共和国などの国々は通貨のボラティリティ抑 制を目指している。

同省はまた、中国のインフレ率上昇で輸入コストが増加し、国 内の物価上昇につながりかねないとみている。韓国銀行(中央銀行) は今月、政策金利を2.5%で据え置いた。7月と11月には過去最 低の2%から0.25ポイント刻みで引き上げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE