金高騰の「残酷な配当」-タンザニアの鉱山、採掘者の射殺が相次ぐ

産金最大手、カナダのバリック・ ゴールドがタンザニアのケニア国境部近くに保有するノースマラ鉱山 からは毎週、数百万ポンドの廃棄岩が掘り出され、村人が住む地域の 周辺に積み上げられる。村人の約半数は1日当たり33セント(約27 円)足らずで生活している。

制服姿の子供たちが岩のがれきの山を横切って登校する。その周 辺では、頭の上に水の容器を乗せた女性たちが歩いている。金が少な くとも90年で最長の上昇相場となるなか、バリック・ゴールドは増産 を進めている。それに伴ってがれきの山も高くなっていく。

ノースマラ鉱山は村人の祖先が何十年もの間働いてきた場所だ。 村人たちも同鉱山で鉱石を採掘している。その作業は、時には命と引 き換えになることもある。

被害者の遺族や目撃者、地元当局者、人権団体の活動家28人への インタビューによると、わずかな現金を手に入れるため金が混ざった 岩を集める人々を、警備員や警察官が銃撃し殺害したとされている。

地元政府の最高機関タリム地区協議会のメンバー、マチャジェ・ バーソロミュー・マチャジェ氏は「彼らは逮捕したり、裁判所に連行 したりはしない。銃撃するだけだ」と語る。

インタビューした28人によると、この鉱山では過去2年間に少な くとも7人が警備隊との衝突で殺害された。報道によると、そのうち 少なくとも4件について、警察当局は銃撃が事実だと認めている。

負傷者も15人

4人の子供の父親だったムウィタ・ウェレマさんは2009年10月、 金相場が当時の過去最高値を更新した日の翌日に殺害された。チャチ ャ・ニャマコノさんは家族の中で初めて基礎教育を終えた。その1年 後に殺された。妊娠中の妻と将来を築く夢を膨らませていたダウデ ィ・ニャガブレさんは2月に銃撃され死亡した。

タンザニアのダルエスサラームを拠点とする人権擁護団体、法と 人権センターおよびマチャジェ氏によると、この間に15人が重傷を負 った。同氏は8月まで地区協議会の副会長を務めていた。

バリックと、同社が株式の74%を保有する英アフリカン・バリッ ク・ゴールドの文書によると、両社はノースマラ鉱山を警察当局に警 備してもらうためタンザニア政府に資金を提供しており、武装した民 間の警備員も雇用している。

金相場は過去5年間で約3倍に高騰し、今月7日には最高値の

1431.25ドルに達した。ノースマラ鉱山での暴力行為は金相場高騰の残 酷な配当なのかもしれない。

アフリカン・バリックはこの状況に関する質問に文書で回答を寄 せ、ノースマラ鉱山には侵入者グループが頻繁に入り込み、武装して いる場合も多いと説明。これらの人々は価値のある鉱石を盗む目的で 違法に侵入していると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE