アングロ・アイリッシュの債務再編、CDS清算事由に該当-ISDA

国際スワップデリバティブ協会 (ISDA)によると、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) のトレーダーはアイルランド政府が国有化したアングロ・アイリッシ ュ銀行のCDSで債務再編の清算事由(クレジットイベント)が発生 したと判断した。

今月9日の入札で清算されなかったCDSについては、アング ロ・アイリッシュ銀が2014年償還と16年償還の劣後債の条件を変 更したことで、清算事由に該当する可能性がある。これに先立ち、 17年償還債の同様の債務再編では、一部CDSが清算事由に当たる として決済されていた。

ISDAのウェブサイトによると、ドイツ銀行やヘッジファンド のブルーマウンテン・キャピタル・マネジメントなどを含む銀行のト レーダーや投資家は、来年1月4日に再び会合を開いて入札実施の是 非を判断することに合意した。優先債と劣後債に関連したCDSの保 有者は契約条件に基づき、支払いを要求することができる。

アングロ・アイリッシュ銀は今週、14年償還の劣後債3億700 万ユーロ(約330億円)と16年償還の劣後債4億5950万ユーロを 額面に対して80%のディスカウントで交換することに投資家が同意 したと発表していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE