米スパンションの敗訴は有効、サムスン電子との特許権係争-米ITC

米半導体メモリーメーカー、スパ ンションがフラッシュメモリー技術の特許権を侵害されたとして韓国 のサムスン電子を訴えていた問題で、米国際貿易委員会(ITC)は スパンションの主張を退けた10月の決定は有効との判断を下した。

ウェブサイトに掲載された発表文によると、6人の委員で構成す るITCは、サムスンがスパンションの特許権を侵害していないとし たチャールズ・ブロック判事の10月の決定を再審理しない方針を明ら かにした。

23日の米株式市場でスパンションの株価の終値は3セント安の

20.14ドル。一時は19.46ドルまで下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE