ロンドン外為:円、主要通貨に対し軟調-介入資金枠増やすとの見方で

ロンドン時間24日午前の外国為 替市場では、円が主要通貨に対してほぼ全面安となっている。政府が 市場介入の原資となる外国為替資金特別会計の借入限度枠を引き上げ る公算が大きいとの報道が円売りにつながった。

円の対ユーロ相場はロンドン時間午前9時59分(日本時間午後6 時59分)現在、前日比0.1%安の1ユーロ=108円82銭。ドルに対し てはほぼ変わらずの1ドル=82円89銭。一方、ドルは対ユーロで0.1% 下げ1ユーロ=1.313ドルとなっている。

日本政府が外国為替市場での介入資金の原資となる外国為替資金 特別会計の借入限度枠を5兆円引き上げる公算が大きいと、ロイター 通信が伝えた。現時点の借入限度枠は145兆円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE