NY粗糖先物:30年ぶり高値-パキスタンなどアジアの需要拡大で

ニューヨークの粗糖相場は30年 ぶりの高値に達した。国内の不足を緩和するためパキスタンが70万ト ンを輸入する可能性があると発表したことが響いた。

パキスタンのゴンダル食料・農業相は、同国の2010年7月-11 年6月の砂糖生産について「330万トン」と予想し、需要予測の420 万トンを下回るとの見通しを示した。オーストラリアの砂糖輸出会社 クイーンズランド・シュガーによると、同国では記録的な豪雨が生産 を抑制し、輸出は来シーズンも2年連続で減少する見込みだ。豪州は 世界3位の砂糖輸出国。

キャッスルストーン・マネジメント(ロンドン)のアナリスト、 コナー・ヌーナン氏は「今年はファンダメンタルズ(需給関係)が 市場の方向性を決めている。そのため、今回のパキスタン関連の ような情報は追加的な材料になる」と指摘。「各国が輸入を必要と する場合、粗糖現物の確保が困難になる恐れがある」と述べた。

ICEフューチャーズUSの粗糖先物2011年3月限は、前日比

0.85セント(2.6%)高の1ポンド当たり33.98セント。一時は34.06 セントと、中心限月としては1980年11月以来の高値に達した。年初 来では26%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE