ブラジル株:ボベスパ指数、1週間ぶり高値付近維持-GOL航空高い

23日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が前日比ほぼ変わらずとなり、1週間ぶりの高値 付近を維持した。GOL航空が上昇し、金属価格下落を受けて売られ た鉱業株の下げを補った。

鉄鉱石生産で世界最大手のヴァーレは1週間ぶりの大幅安。金属 価格が5営業日ぶりに反落したことが響いた。ジェルダウを中心に鉄 鋼株も安い。一方、GOL航空の上昇でボベスパ指数の下げが抑えら れた。航空業界の労働者が、クリスマス時期の空の旅に影響を与えか ねなったストを延期したことが好感された。

リンク・コレトラで国内の運輸株を担当するアナリスト、フェリ ペ・ロシャ氏(サンパウロ在勤)は「スト先送りの決定は明るい材料 となった」と述べた。

ボベスパ指数は前日比ほぼ変わらずの68485.96。今週は0.7% 上昇した。値上がりは33銘柄、値下がりは31銘柄。BM&Fボベ スパ小型株指数は同0.9%高の1402.04となり、週間ベースで0.6% 上昇した。通貨レアルは0.5%高の1ドル=1.6913レアル。24日は クリスマスの祝日で休場となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE