米ボーイング:ドリームライナーの試験飛行を23日に再開

米航空機メーカーのボーイングは 23日、次世代中型旅客機「787」(ドリームライナー)の限定的なフ ライトテストを同日再開する意向を明らかにした。同機は電気系統の 火災事故以降、6週間余り待機が続いていた。

ボーイングの発表資料によると、1機の自社向けフライトテスト が23日再開され、米連邦航空局(FAA)の承認に向けたフライトは 後日始まる。

ボーイング787プログラムの責任者、スコット・ファンチャー 氏は発表資料で、「フライトテストを再開し、その実施ペースを決定す るに当たり、われわれは引き続き新たなプログラムスケジュールの展 開に重点を置いた」とした上で、「1月に新プログラムスケジュールの 評価を完了する見込みだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE