欧州債(23日):独2年債は2週ぶり低利回り-ギリシャ債などが下落

欧州債市場ではドイツ2年債利 回りが2週間ぶり低水準となった。高債務国の国債相場の下落に伴い、 ドイツ国債に安全を求める動きが強まった。

ギリシャ10年債の同年限のドイツ国債に対するプレミアム(上乗 せ利回り)が拡大した。ギリシャ紙タネアが情報源を明示せずに報じ たところによると、ギリシャの当局者やバンカーらは、2013年より後 の債務再編計画を決定し、非公式な形で欧州連合(EU)当局者およ び欧州中央銀行(ECB)に伝えた。

アイルランド10年債相場は6営業日続落。アイルランド高等裁判 所は、株主の承認がなくとも政府はアライド・アイリッシュ銀行を公 的管理下に置けるとの判断を下した。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)のシニア債券ストラ テジスト、ミヒャエル・マルコビッチ氏は、「国債スプレッドの拡大 は、ドイツ国債が安全資産として選好されていることを強調するもの だ」と語った。

ロンドン時間午後4時37分現在、ドイツ2年債利回りは前日比ほ ぼ変わらずの0.95%。同国債(表面利率1%、2012年12月償還) 価格は100.085。独10年債利回りは2.98%と、前日から3ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。

ギリシャ10年債の独10年債に対するプレミアムは17bp拡大 し923bpとなった。CMAによれば、ギリシャ国債の保証コストを 示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)スワップは28bp 上昇し、1カ月ぶり高水準となる1009bpを付けた。

一方、スペイン10年債利回りは3bp低下し5.49%、イタリア 10年債利回りは3bp上昇の4.71%。アイルランド10年債利回り は7bp上げ9.22%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE