欧州の高債務国はさらに調達難も、救済基金の参入でクラウドアウトに

国債の買い手を確保するのに既 に苦戦している欧州の高債務国にとって、来年はさらに環境が厳しく なる公算だ。アイルランド救済のために域内の救済基金が資金調達を 開始するためだ。

欧州金融安定化メカニズム(EFSM)と欧州金融安定ファシリ ティー(EFSF)の2基金は2011年に、最大341億ユーロ(約3 兆7000億円)を起債する計画だ。欧州連合(EU)の欧州委員会が 21日に明らかにした。トリプルAの格付けを持ち、来年に合わせて 4860億ユーロの国債発行を計画しているドイツやフランスとも競合す る。いわゆる周辺国であるスペインとポルトガルはそれぞれ900億ユ ーロと190億ユーロの調達が必要と、クレディ・アグリコルは概算し ている。

ポルトガルの10年物国債の利回りは過去2週間にほぼ0.5ポイ ント上昇した。EFSFによる国債購入を認めるかどうかでEUが決 定に至らず、またEFSMとEFSFを核とした7500億ユーロの済 ファンドの拡大についても合意ができないことが響いている。

クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメン ト・バンクの資本市場戦略担当副ディレクター、オーランド・グリー ン氏は、大型起債の集中で起きる「クラウドアウト現象はスペインに とって大問題だろう」と述べた。「困難に直面している各国への支援 という点でもう少し事態が明確になるまで、調達環境は厳しいだろう」 と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE