ギリシャ:2013年より後の債務再編計画を決定、EUに打診-タネア紙

ギリシャの当局者やバンカー らは、2013年より後の債務再編計画を決定し、非公式な形で欧州 連合(EU)当局者および欧州中央銀行(ECB)に伝えた。同国 紙タネアが情報源を明示せずに報じた。

それによると、ギリシャは残存する債務すべてについて期間の 延長と金利の引き下げを求める計画。元本の減額は計画されておら ず、EUの当初の反応は前向きだったと同紙は伝えている。

ギリシャ財務省、ギリシャ中銀、ECBのスポークスマンは、 この報道に関するコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE