グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。中国当局の不動産投資規制の強化が重しと なり、米経済成長率が当初見積もり以上となった好影響を打ち消した。 指標のハンセン指数は引けにかけて一時の上げを失った。

中国政府系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は1.4%安。 中国商務省が一部外資による不動産投資の承認を停止するよう地方当 局に命じたことが嫌気された。当局は投機抑制を図っている。

一方、米ウォルマート・ストアーズなどに商品を納める香港の輸 出業者、リー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は2.3%高。米商 務省が22日に発表した2010年第3四半期(7-9月)の同国国内 総生産(GDP)確定値は前期比年率2.6%増と、改定値の2.5%増 から上方修正された。

この日上場した中国の建設重機メーカー、長沙中聯重工科技発展 (1157 HK)は8%高で初日の取引を終えた。中国銀行(3988 HK) は1.2%安。中国建設銀行(939 HK)は0.7%安。一方、中国の石 油最大手、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は0.4%高で引け た。

ハンセン指数は前日比142.22ポイント(0.6%)安の

22902.97で終了。一時は0.5%高まで上げていた。ハンセン中国企 業株(H株)指数は同0.8%安の12516.52。

信達国際の調査ディレクター、キャスター・パン氏(香港在勤) は「米経済見通しが当面、明るさを増す兆候があるのは相場にプラス だが、どの程度長続きするかは疑問だ」と述べた。また、中国につい て「一段の政策引き締めがいつあってもおかしくない」とし、不動産 株への売り圧力があると指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。同国政府が不動産投資の監視を強めたこ とで不動産株が売られたほか、銀行間金利が上昇して、中小企業の借 り入れコストに響くとの懸念が広がった。

不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は1.8%安となり、 不動産株の下落を率いた。中国商務省は投機取引を抑制するため、一 部外資による不動産投資の承認をストップするよう地方当局に命じた。 タッチスクリーン用の導電ガラスを製造する深セン莱宝高科 (002106 CH)の下げが主導する形で、小型株指数は2週間ぶり低 水準に下落。銀行間金利の指標である7日物レポ金利は、2007年10 月以来の高水準を付けた。

一方で金属銘柄は上げ、チャルコ(中国アルミ、601600 CH) は1.7%高。雲南アルミ(000807 CH)は4.6%上昇。銀行株も高 くなり、興業銀行(601166 CH)は1.7%高。中国国家発展改革委 員会(発改委)が来年の新規融資枠として7兆5000億元(約94兆 円)を提案したとの経済観察報の報道を好感した。中国農業銀行 (601288 CH)は0.4%高。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前日比22.68ポイント(0.8%)安の2855.22。 上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は、同0.8%安 の3188.61。CSI小型株500指数は2%下落して10日以来の低 水準。

上海総合指数のパフォーマンスは今年これまで、アジアの主要指 数の中で最悪。年初来で13%下げている。

【インド株式市況】

インド株式相場は続落。指標のセンセックス30種株価指数は 21日に付けた5週間ぶり高値から下げ続けている。タタ・モーター ズとヒーローホンダ・モーターズが売られた。

インド最大のトラックメーカー、タタ・モーターズは2週間ぶり 大幅安。二輪メーカー最大手のヒーローホンダは1週間で最安値とな った。一方、インド最大の産銅会社、スターライト・インダストリー ズは3日続伸。ロンドンの銅相場が過去最高近くまで上昇したことが 買いを誘った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比32.92ポイ ント(0.2%)安の19982.88で終了。この日の取引は方向感のない 展開に終始した。同指数構成銘柄の予想PER(株価収益率)は平均

18.9倍。最近のピークは11月5日の20.1倍だった。

タタ・モーターズ(TTMT IN)は0.9%安の1352.75ルピー。 ヒーローホンダ(HH IN)も0.9%下げ1922.80ルピー。スターラ イト(STLT IN)は0.9%高の180.20ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比20.6ポイント(0.4%)高の4799.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.58ポイント安の2037.53。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比38.38ポイント(0.4%)高の8898.87。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比6.53ポイント(0.2%)安の3137.78。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比0.57ポイ ント安の1514.48。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比2.13ポイント(0.2%)高の1021.27。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比9.15ポイント(0.3%)安の

3611.53。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比52.35ポイント(1.3%)高の

4166.04。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE