北朝鮮は核抑止力に基づく「聖戦」の用意-人民武力相

北朝鮮は、同国が何らかの攻撃 を受けた場合には、核抑止力に基づく「聖戦」を開始する用意がある ことを明らかにした。韓国は南北軍事境界線付近でジェット戦闘機や 移動砲を使った軍事演習を展開した。

北朝鮮が記者団に配布した代表取材文によると、同国は22日、 軍事境界線から約30キロメートルの抱川で約800人の兵士を動員し た42分間の軍事演習を行った。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、金永春人民武力相を 引用し、韓国による「重大な軍事的挑発」が、朝鮮半島を戦争寸前へ と追い詰めているとして、韓国を非難した。

KCNAはまた、金人民武力相を引用し、「敵陣の行為に立ち向 かうためには、いつでも核抑止力に基づく、北朝鮮の正義の聖戦を開 始する用意がある」と伝えた。

+31-20-589-8544 記事についての記者への問い合わせ先: Seonjin Cha in Seoul at +82-2-3702-1601 or scha2@bloomberg.net Shinhye Kang in Seoul at +82-2-3702-1638 or skang24@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Bill Austin at +81-3-3201-8952 or billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE