韓国:非武装地帯近くで軍事演習を実施、戦闘機や自走砲なども動員

韓国は23日、首都ソウルと 南北非武装地帯の間にある地域で1日限りの軍事演習を実施した。 ジェット戦闘機や自走砲なども動員された。

代表取材記者団によると、北朝鮮との国境から約30キロメー トルの地点にある京畿道抱川の付近で行われた42分の演習には約 800人の兵士が参加した。

金寛鎮(キム・グァンジン)国防相は21日、延坪島での20 日の射撃訓練が北朝鮮からの報復行為もなく終わった後も、韓国軍 は警戒を続けると表明していた。

この日の演習は、朝鮮半島東側の海上の境界線近くで韓国海兵 隊が22日に開始した演習に続くもの。北朝鮮国営の朝鮮中央通信 (KCNA)は、韓国軍による一連の演習について「挑発的かつ不 快」と非難した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE