12月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎外国為替:ドル、対円で1週間ぶり安値-経済指標に反応

ニューヨーク外国為替市場で、ドルが円に対し1週間ぶり安値に下 落。米国内総生産(GDP)や中古住宅販売の伸びが市場予想を下回っ たことで、ドル資産の需要が後退した。

ドルは主要通貨に対してはもみ合いの展開。米商務省が発表した 2010年第3四半期(7-9月)の実質GDP(季節調整済み、年 率)確定値は前期比年率2.6%増。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想平均は2.8%増だった。スイス・フランは ユーロに対し、6営業日連続で最高値を更新。ユーロ圏のソブリン債 危機に関連した逃避需要で買い進まれた。

オンラインでの為替取引を扱うGFTフォレックスの為替調査 担当ディレクター、キャシー・リーン氏(ニューヨーク在勤)は「GD P統計は幾分期待外れだった」とし、「ドルを押し下げる可能性があ る」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時1分現在、ドルは対円で前日比0.2% 安の1ドル=83円57銭(前日は83円75銭)。一時は14日以来 の安値を付けた。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.3100ド ル。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した11月の中古住宅販売 件数(季節調整済み)は前月比5.6%増の468万戸となった。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は 475万戸だった。

スイス・フラン

スイス・フランはユーロに対して値上がり。ユーロ圏の一部の国 が資金調達難に見舞われるとの懸念が続いた。一時0.9%高の1ユー ロ=1.2439フラン。対ドルでは一時0.8%高の0.9502フランと、 10月15日以来の高値を付けた。

GFTフォレックスのリーン氏は、「スイス・フランは極めて好 調なパフォーマンスが続いている」と指摘。「より力強い成長シナリオ に移れば、スイスのように財政状態が健全な国の通貨は大きくアウトパ フォームする」と続けた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは21日、 ポルトガル国債の格付けを1段階または2段階引き下げる可能性を 示唆した。経済成長の「弱さ」を理由に挙げた。またフィッチ・レー ティングスは、ギリシャの財政の持続可能性について見直しを実施し た後、6週間以内に同国の格付けを投資不適格(ジャンク)級に引き 下げる可能性がある。

ドイツ連邦統計局が発表した11月の輸入物価指数は、前年同月 比で10%上昇と、過去10年で最大の伸びとなった。これに反応し、 ユーロは一時上昇した。

豪ドル

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指数 によると、ユーロは年初から10.4%下落。ドルは1.1%下げ、円は

11.4%上げている。

オーストラリア・ドルは0.2%高の1豪ドル=0.9996米ドル。 一時、14日以来となるパリティー(等価)に達した。

◎米国株:上昇、GDP上方修正で-S&P500種は5日続伸

米株式相場は上昇。S&P500種株価指数は5日続伸となった。 第3四半期(7-9月)の米実質国内総生産(GDP)確定値が、改定 値から上方修正されたことを好感した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)とJPモルガン・チェースが いずれも上昇。米金融規制改革法(ドッド・フランク法)で課された 責務遂行に向け必要だとして、米規制当局が求めていた予算増額が議 会で承認されなかったことが背景。ドラッグストアチェーン米最大手 のウォルグリーンも高い。同社の9-11月(第1四半期)決算は利 益がアナリスト予想を上回った。格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)の株式アナリストが買いを勧めたクルーズ船運営 のカーニバルも値上がりした。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の1258.84。2008 年9月8日以来の高値となった。ダウ工業株30種平均は26.33ド ル(0.2%)上昇の11559.49ドル。米国株オプションの指標、シ カゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX) は6.3%低下の15.45と、終値ベースでは07年7月以来の低水準 となった。

パリセード・キャピタル・マネジメントの共同最高投資責任者 (CIO)、ダン・ベルー氏は「GDP確定値がどうであれ、私は株 式に強気だ」と発言。「経済状況は緩やかに改善しており、企業業績 も強くなっている。株価が過小評価されている現時点で、買われ過ぎ ていると考えるべきではない」と述べた。

S&P500種は前日、2008年9月のリーマン・ブラザーズ・ホ ールディングス破綻前の水準を回復した。09年3月に付けた弱気相 場の最安値からは85%上昇している。大手銀行のストラテジスト11 人による2011年末の同株価指数予想は平均で1374。

米GDP

米商務省がこの日発表した2010年第3四半期(7-9月)の GDP確定値は前期比年率2.6%増だった。第3四半期GDPの改 定値は2.5%増、ブルームバーグ・ニュースがまとめた確定値のエ コノミスト予想平均は2.8%増だった。

米連邦準備制度理事会(FRB)が注目する食品と燃料を除く個 人消費支出(PCE)コア価格指数は年率0.5%上昇と、1959年 の記録開始以降で最小の伸びとなった。在庫投資は改定値から上方修 正された一方、個人消費の伸びは下方修正された。

「正しい軌道」

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテジ スト、ジェフリー・ソー氏は、「米経済は正しい軌道上を進んでいる が、進行は緩やかなペースであることを理解する必要がある」と指摘。 「2011年を迎えるにあたり私は建設的だ。しかし、株式相場のセン チメントはかなり強気なため、今後1カ月は下落もしくは乱気流に巻 き込まれる恐れもあるだろう」と述べた。

そのほかの統計では、全米不動産業者協会(NAR)が発表した 11月の中古住宅販売件数(季節調整済み、年換算以下同じ)が前月 比5.6%増の468万戸となった。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト調査の予想中央値は475万戸だった。前月は443 万戸。

銀行株指数は1.7%高と、S&P500種の業種別24指数で値 上がり率トップとなった。米金融規制当局は過去数カ月にわたり、金 融規制改革法で課された新たな責務遂行に向け十分な予算がない状況 にあるが、今後10週間も予算の増額がない状態を強いられる。同規 制当局はこれまで、予算の増加が実現しなければ、新たな取り組みは 延期もしくは打ち切りになると指摘していた。

BOAは3.1%高。JPモルガンは2.8%上昇。

ウォルグリーンは5.5%高。同社の9-11月期決算は1株当た り62セントとなった。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想 平均は54セントだった。

カーニバルは3.1%高の46.59ドルと、終値ベースでは07年 11月以来の高値となった。S&Pは同社の投資判断を「ホールド」 から「買い」に引き上げた。

◎米国債:下落、GDPの伸びや中古住宅販売の増加で

米国債相場は下落。朝方発表された経済統計では、第3四半期の米 国内総生産(GDP)確定値で景気の拡大が示されたほか、中古住宅販 売も前月比で増加した。いずれも市場予想には届かなかった。

量的緩和第2弾の一環としてFRBがこの日購入した米国債は、 証券会社が差し出した米国債全体のうち15.9%と、11月29日以来 で最低だった。GDP統計では、食品とエネルギーを除いたコアPC E(個人消費支出)価格指数の伸びは過去約50年で最も低かった。

みずほセキュリティーズUSAの米国債トレーディング責任者、 ジェームズ・コンビアス氏(ニューヨーク在勤)は、「米国債市場は 新年に向けて経済の状況を見極めようと、一服しているところだ」と 述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後3時34分現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の3.35%。同年債(表面利率

2.625%、2020年11月償還)価格は10/32下げて93 31/32。

10年債と2年債の利回り格差は2.72ポイント。過去5年間平 均の約2倍に相当する。

米GDP

米商務省が発表した第3四半期(7-9月)のGDP確定値は前 期比年率2.6%増と、改定値の2.5%増から上方修正された。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値では、

2.8%増が見込まれていた。

コアPCE価格指数は0.5%上昇と、同指数の記録が開始された 1959年以降で最も低い伸びとなった。

CRTキャピタル・グループの国債ストラテジスト、イアン・リ ンジェン氏は、「コアPCE価格指数が改定値と市場予想より低かっ たのは驚きだった。インフレ空白の状況が強調された」と述べ、今の ところ「大きな行動に出ようと考えている人は誰もいない」と続けた。

FRBは償還期限2021年2月-2027年2月の国債を20億 7000万ドル購入した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの債券・為替担当の米金利戦略 責任者、マイケル・クロハティ氏(ニューヨーク在勤)は、「投資家 はFRBが計画しているよりも大量の国債を売りたがっている」と指 摘した。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した11月の中古住宅販売 件数(季節調整済み、年換算以下同じ)は前月比5.6%増の468万戸 となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の 予想中央値は475万戸だった。前月は443万戸。

来週の入札規模

財務省は来週実施する2年、5年、7年入札の規模を23日に発 表する。10年債利回りはオバマ大統領が減税延長に合意した6日の水 準を約40bp上回っている。

ブルームバーグ・ニュースがプライマリーディーラー(政府証券 公認ディーラー)13社を対象にまとめた予想によると、2年、5年、 7年債の入札規模は計990億ドルが見込まれている。

◎金先物:反落、株高で代替資産の魅力に陰り-1387.40ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。米国株式相場が2年ぶり高値に 上げたことから、代替資産としての金の魅力が薄れるとの思惑が広が った。

米国内総生産(GDP)確定値で成長率が改定値から上方修正さ れたことを受け、金融市場では株価と米国債利回りが上昇。金先物は 年初来27%上げており、7日には1オンス=1432.50ドルの過去 最高値を記録した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が事実上のゼ ロ金利政策を継続していることが背景にある。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は、「株式の堅調が続けば、 金は横ばい、あるいは下落に向かう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比1.40ドル(0.1%)安の1オンス=1387.40ドル で終了した。過去最高値からは3.1%下げている。

◎原油先物:2年ぶり高値、在庫減とGDP上方修正で

ニューヨーク原油先物相場は4日続伸。約2年ぶりの高値をつけ た。米国の原油在庫減少に加え、第3四半期の実質国内総生産(GD P)が上方修正されたことを好感した。

エネルギー省によると、先週の原油在庫は533万バレル減少し、 3億4070万バレルとなった。ブルームバーグ・ニュースがまとめた 調査によると、回答した14人の予想平均は340万バレルの減少だ った。米商務省が22日に発表した2010年第3四半期(7-9月) の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)確定値は前期比年 率2.6%増となった。改定値は2.5%増だった。

オプベスト・ウェルスマネジメントの最高財務責任者(CFO) 兼シニア市場ストラテジスト、アンドレ・ジュリアン氏は、「原油在 庫はかなりの強材料だった」と指摘。「GDP統計は成長継続を示し ている。従来は中国や新興市場の経済が成長し、需要が拡大していた が、今はそれが米国にまで広がっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比66セント(0.73%)高の1バレル=90.48ドルで終了した。終 値としては2008年10月3日以来の高値。年初からは14%高。

◎欧州株:3日続伸、2年3カ月ぶり高値-ARMやエルメスに買い

欧州株式相場は3日続伸し、2年3カ月ぶり高値を付けた。米国 の7-9月(第3四半期)国内総生産(GDP)確定値が上方修正さ れたほか、企業買収の動きの活発化からエルメス・インターナショナ ルやアケル・ソリューションズなどの銘柄が買われた。

英半導体設計会社ARMホールディングスが高い。米マイクロソ フトが、ARMの技術に対応する基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」 のバージョンを発表するとの見方が買いにつながった。仏高級ブラン ドのエルメスも上昇。仏同業のLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィ トンがエルメス株の保有比率を引き上げたことが好感された。

ノルウェーのエンジニアリング会社、アケルは4.3%高。米同業 のジェイコブズ・エンジニアリング・グループがアケルの一部事業買 収で合意したことが手掛かりとなった。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の281.45で終了 した。年初来では11%高。業績改善に加え、欧州連合(EU)によ るギリシャとアイルランドの救済、米連邦準備制度理事会(FRB) が景気刺激策として6000億ドル相当の国債買い入れの方針を示した ことが背景にある。

バークレイズ・ウエルスの投資戦略部門責任者、ケビン・ガー ディナー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「人々は、欧州と米国の企業でさえ実際にはかなり収益性があること を忘れている。株価は極めて割安に放置されているようにみえる」と 指摘。「景気に敏感なセクターや資本財、テクノロジーは極めて好調 となるだろう」と述べ、来年に「株式相場が再び大幅上昇する余地が かなりある」と続けた。

22日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が上昇。 米商務省が同日発表した第3四半期の実質GDP確定値は前期比年率

2.6%増と、改定値の2.5%増から上方修正された。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は2.8%増だった。

ARMは9.1%上昇し、2001年以来の高値を付けた。エルメス は2.3%高。LVMHのエルメス株の保有比率は20%強と、10月 時点の17.1%から高まった。

◎欧州債:ドイツ2年債、2週間ぶり低利回り-ECB資金入札に反応

欧州債市場ではドイツ2年債利回りが約2週間ぶり低水準となっ た。欧州中央銀行(ECB)が市中銀行に対して1495億ユーロの資 金供給を明らかにした。金融業界の資金逼迫(ひっぱく)が続いてい る兆候と受け止められ、ドイツ国債に買いが入った。

ギリシャ10年債利回りは前日からほぼ変わらず。格付け会社フ ィッチ・レーティングスは21日、ギリシャの信用格付けを投資不適 格(ジャンク)級に引き下げる可能性を示唆した。これを受け、域内 で最も安全とされるドイツ国債の需要が高まった。同社は21日遅く、 ギリシャの「財政の持続性」についての見直しを1月に実施すると発 表。格下げの「可能性が高まっている」との見解を示した。

ドイツ銀行の債券ストラテジスト、モヒト・クマール氏(ロンド ン在勤)は「ECBの資金供給額は予想よりも若干多かった」と指摘。 「格下げは来年も続くだろう。ユーロ圏は共同対策が必要だ。さもな ければ、暗い心理が継続する公算が大きい」と語った。

ロンドン時間午後4時現在、ドイツ2年債利回りは前日比9ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.96%。同国債 (表面利率1%、2012年12月償還)価格は0.17ポイント上げ

100.09。独10年債利回りは4bp低下し2.95%。

ECBはこの日、98日物資金の入札に270行が応札したと発表 した。ECBは応札額全額を、融資の期間を通じた政策金利の平均で 供給する。市中銀行は23日に1年物資金969億ユーロの返済を控 えている。24日には3カ月物資金382億ユーロが期限を迎える。

ギリシャ10年債利回りは前日比3bp上昇の12.18%。ポル トガル10年債利回りは1bp上げ6.75%。スペイン10年債利回 りは6bp上昇し5.5%、イタリア10年債は4.67%となった。

◎英国債:ほぼ変わらず、10年債利回り3.5%

英国債相場は前日からほぼ変わらず。10年債利回りは3.50% と、前日からの下げ幅は1ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)未満。2年債利回りは1bp上昇し1.21%となった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はプラス6.6%。これに対し米国債は5.8%、ドイツ国債は5.9% となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE