米国、中国をWTOに提訴-風力発電の助成は協定違反

オバマ米政権は中国が風力発電 企業に与えている助成金が貿易障壁に相当するとして、世界貿易機関 (WTO)に提訴した。米鉄鋼労組からの訴えを受けたもの。

米通商代表部(USTR)は22日、中国政府の風力発電企業向け 特別基金について、支援を受ける企業に中国製部品の使用を義務付け ているのは助成金に相当するとし、いずれもWTOの協定に違反する と指摘した。

カークUSTR代表は、「こうした助成金は事実上、米国から中 国への輸出に対する障壁として機能している」との文書を電子メール で発表。今回の訴えは「米国の労働者や企業が中国と公平な環境で競 争できるよう目指す政府の取り組みを強調するものだ」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Mark Drajem in Washington at +1-202-624-1964 or mdrajem@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert +1-202-624-1936 lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE