オバマ米大統領:同性愛者の入隊禁止規定の撤廃法案に署名-公約達成

オバマ米大統領は、同性愛者で あることを公言して軍に入隊することを禁じた規定を撤廃する法案に 署名した。17年間続いた規定が廃止され、大統領は選挙での公約を 果たすこととなった。

オバマ大統領は22日午前の署名式で、この法律は「国の安全を 強化するとともに、戦場で戦う男性、女性が自らの命を危険にさらし て国を守るという理念を支持するものだ」と述べた。兵士は多大な犠 牲を払って兵役についているとした上で、「人格まで犠牲にすること は誰一人あってはならない」と言明した。

この法律は、同性愛について「don’t ask, don’t tell(聞 かない、言わない)」という1993年に導入された政策を廃止するも ので、これを公約してきたオバマ大統領にとっては大きな成果となっ た。

同性愛の権利擁護グループによれば、同政策の下で1万4000人 以上が除隊処分となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE