香港行政長官:住宅市場を注視、バブル形成リスクなら追加措置取る

香港の曽蔭権(ドナルド・ツ ァン)行政長官は22日、香港でインフレ圧力が高まっているとの 認識を示すとともに、必要ならば政府は不動産市場の冷却化に向け て追加措置を取ると表明した。公務で訪れた北京で語った。

曽行政長官は中国の胡錦濤国家主席との会談後、記者団に対し 「中間層および低所得者層向けの住宅市場は、安定を保つ必要があ る」とし、「たとえ小さくても異常な変動が見られれば、政府はバ ブルの形成を阻止する措置を断固として実施する」と言明した。

--Sophie Leung, Zhao Yidi, Marco Lui. Editor: Dirk Beveridge

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Sophie Leung in Hong Kong at +852-2977-6126 or sleung59@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE