ソニー:クラウド通じた音楽配信サービス開始-英米などで

ソニーは22日、クラウドコンピュ ーティングを通じた音楽配信サービス事業を英国とアイルランドで開 始すると発表した。2011年に米、独、仏、イタリア、スペイン、豪州な どで展開し、日本など他の地域にも順次対象を広げる。

同サービスは当面、薄型テレビやゲーム機、パソコンなどのソニー 製品を通じた利用に加え、米アップルのコンテンツ配信サービス「iT unes」とも同期できるのが特徴。将来は、電子書籍端末などモバイ ル製品群や他社の各種製品でも利用可能にする。

ゲームやパソコンなどの事業を統括する平井一夫執行役は22日夕、 複数社のインタビューに応じ、ダウンロードによる音楽配信が普及して いるなか、ソニーとしては「消費者が音楽をアップロードできる利用形 態を提供することで、新しい切り口のビジネスモデルを作りたい」と述 べた。

同サービスは会員になると、多くの音楽出版社が提供する約600万 曲を聞ける。利用者は、携帯音楽プレーヤーやパソコンに保存している 音楽データをネット上に預けることなどもできる。

平井氏は「ダウンロード型を追いかけてもユーザーへのアピールが 少ない。あえてクラウド上でデータ管理する点がユーザーメリットにな る」と付け加えた。音楽配信サービスを皮切りに、「ゲーム、映像、本 のコンテンツの次は、やはり、ソーシャルとかコミュニティとかSNS とか友達の輪を広げていくサービスをいずれはやりたい」と語った。

今期(2011年3月期)のゲーム機販売は、プレイステーション3 (PS3)が1500万台(前の期1300万台)、「プレイステーション・ポ ータブル(PSP)」は800万台(同990万台)を計画。ゲーム事業全 体の営業損益は5期ぶりの黒字転換を見込むが、平井氏は足元の販売動 向を踏まえ、「今のところは計画に対して、思った通りに推移してい る」と黒字化は可能との見方をあらためて示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE