中国人民元:約10日ぶり高値-朝鮮半島情勢の緊張緩和で需要増

中国人民元は22日、ドルに対し 約10日ぶり高値を一時付けた。朝鮮半島での軍事的緊張が和らぎ、周 辺地域の新興市場資産への需要を支えた。

北朝鮮を非公式に訪問していたリチャードソン米ニューメキシコ 州知事は21日に北京で記者団に対し、北朝鮮が韓国とのさらなる対立 を避け、核問題をめぐる協議を再開したい意向を示したことを明らか にした。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海時間午後4時半(日本時間同5時半)現在、前日比0.19%高の1ド ル=6.6461元。一時は6.6443元と、今月10日以来の高値を付けた。

ブルームバーグのデータによれば、1年物のノンデリバラブル・ フォワード(NDF)は前日比0.27%高の1ドル=6.5105元。NDF は元が今後1年で2.1%上昇するとの予想を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE