中国は利上げ先送りへ、不確実な環境やホットマネー懸念-みずほ証券

中国は利上げを先送りするとの見 通しを、みずほ証券が示した。「不確実」な世界環境とホットマネー (投機的な短期資金)の流入に伴う国有企業や銀行に対する悪影響へ の懸念が理由だという。

同社のエコノミスト、沈建光氏は22日のリポートで、こうした懸 念が「過大に捉えられる」公算があるほか、政策当局者がインフレ圧 力を「過小評価」する可能性があると指摘した。

沈氏は、政策引き締めは予想よりも緩やかとなる公算が大きいも のの、消費者物価上昇が「より急激」な引き締めを余儀なくする恐れ があり、インフレ面での「サプライズ」が2011年の主要リスクの1つ だとの見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Richard Frost at +852-2977-6607 or rfrost4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE