DPワールド、オーストラリア部門の株式75%売却で合意

アラブ首長国連邦(UAE)ド バイ首長国の港湾運営会社、DPワールドは、オーストラリア部門の 株式75%をシティ・インフラストラクチャー・インベスターズなどに 15億ドル(約1260億円)で売却することで合意した。ナスダック・ ドバイに22日提出した資料で明らかにしたもので、債務削減が狙い。

発表資料によると、今回の売却は来年1-3月(第1四半期)末 までに当局の承認を受ける見通し。DPワールドのユブラジ・ナラヤ ン最高財務責任者(CFO)は同資料で今回の売却について、「DPワ ールドが引き続き積極的にオーストラリアに関与しながら、レバレッ ジを縮小し利益率の高い市場に注力する現行目標の一環として資産を 貨幣化する戦略を遂行していく上で大きな機会となる」との見解を示 した。

オーストラリア部門はブリスベーンとシドニー、メルボルン、ア デレード、フリマントルの5カ所でコンテナターミナルを操業してお り、豪コンテナ市場の約50%に対応できる能力を持つという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE