中国株(午前):上海総合指数、小幅安-銀行株などが軟調

22日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は小幅安。業績への懸念で銀行株が下げたほか、政府が燃料 価格を引き上げたことを背景に生活必需品メーカーも売られた。一方、 金属需要が長く続くとの見方から資源関連株は上昇した。

中国農業銀行(601288 CH)は0.4%安。中国当局が市中銀行に対 し、地方政府向け融資のリスクウエート引き上げを義務付ければ自己 資本比率と利益の押し下げにつながると、バークレイズ・キャピタル が指摘したことが嫌気された。酒造会社の貴州茅台酒(600519CH)は 1カ月ぶり安値。商品相場の上昇に伴うコスト高が意識された。

銅生産の江西銅業(600362 CH)は2%高。銅相場が21日に最高 値を更新したことが材料となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前日比0.77ポイント安の2903.34。上海、深セン両証取のA株に連動 するCSI300指数は、同0.1%高の3252.57。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE