米NY州、リーマン監査法人E&Yを提訴-会計詐欺に関与と主張

米ニューヨーク州のクオモ司法長 官は21日、「大規模な会計詐欺」に関与したとして、米会計事務所ア ーンスト・アンド・ヤング(E&Y)を提訴した。破たんした米リー マン・ブラザーズ・ホールディングスが財務状況に関して社会を欺く のをE&Yが手助けしたと主張している。

クオモ長官は同日の声明で、リーマンは2008年の破たんの7年余 り前からE&Yの承認した取引を行っており、E&Yの目的は負債を バランスシートから外し、レバレッジを少なく見せかけることだった と主張。これは「レポ105」の名称で知られる取引を通じて行われた と指摘した。

同長官は「この慣行は、リーマン破たんまでの数年にわたって、 数十億ドルの負債を隠すことを意図した危ないビジネスモデルだ」と 表明。ニューヨーク州として、E&Yに1億5000万ドル(約126億円) 余りの支払いを要求することを明らかにした。内訳は、E&Yが01- 08年にリーマン向け業務で得た手数料や投資家の損失、衡平法上の救 済(エクイタブルリリーフ)だとしている。

クオモ長官は、来年1月1日にニューヨーク州知事に就任予定。

E&Yは21日の発表資料で、クオモ長官の申し立てに対して「積 極的に自らの立場を訴える」方針を明らかにした。E&Yは、レポ105 取引の会計処理は米国基準に準拠しており、同長官の「主張には事実 の面、また法的な面で根拠がない」としている。

また、投資家はリーマンの財務報告に欺かれたとの同長官の主張 に対し、「リーマンの監査済みの財務諸表は、同社が高リスクで変動の 大きい業界で業務を行う高いレバレッジを持った企業であることを明 確に示している」と反論した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE