印JSWスチール:同業イスパットの経営権取得へ-約400億円

インドの鉄鋼メーカー3位、J SWスチールは、同業の印イスパット・インダストリーズの経営権を 取得する。同国の鉄鋼メーカーによる買収としては3年半で最大規模。 需要が拡大する中、JSWは生産能力の増強を目指す。

JSWが21日発表した資料によると、同社はイスパットの新株 10億9000万株を1株19.85ルピーで取得する。総額216億ルピー (約400億円)で、イスパット株の41.3%を保有することになる。 取得価格はイスパット株の20日終値を21%下回る水準。

同業日本2位のJFEスチールが出資するJSWは、イスパット の経営権取得により、土地の取得などの遅れで行き詰まる可能性があ る新たなプロジェクトに投資せずに、インドでの生産増強が可能とな る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE