【香港・注目株】中国石油化工など石油株、玖龍紙業、紫金鉱業

香港株式市場の主な注目銘柄は以 下の通り。株価と株価指数は21日の終値。ハンセン指数は1.6%高の

22993.86。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.6%高の12607.43。

石油関連株:中国は22日、ガソリンとディーゼル油の価格を引き 上げた。国家発展改革委員会(発改委)の発表によれば、ガソリン価 格は1トン当たり310元(約3900円)、ディーゼル油は同300元引き 上げる。中国最大の製油会社、中国石油化工(SINOPEC、386 HK)の株価は1.6%高の7.22香港ドル。2位のペトロチャイナ(中国 石油、857 HK)は1.9%高の9.91香港ドル。

玖龍紙業(ナイン・ドラゴンズ・ペーパー・ホールディングス、 2689 HK):段ボール紙メーカーの玖龍紙業は、11社で構成する企業グ ループを率いて、北京の商業用地(17万6500平方フィート=約1万 6400平方メートル)の入札に参加する。香港紙、明報が伝えたもので、 応札額は41億元という。株価は2.3%高の11.38香港ドル。

紫金鉱業(2899 HK):中国の広東省政府は、死傷者を出した9月 のダム崩壊事故に関し、産金会社の紫金鉱業の幹部を含む36人を処罰 した。中国紙の21世紀経済報道が報じた。株価は0.6%安の7.04香 港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE