カカクコム株が続落、課金率を保守的想定に下げ-三菱モルガン格下げ

飲食店口コミサイト「食べログ」な どを手掛けるカカクコム株が一時、前日比3.4%安の47万5000円と続 落。14日(47万1000円)以来、約1週間ぶりの安値を付けた。「食べ ログ」モバイルのユーザー課金率を保守的な想定に引き下げるのが適当で あるとし、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は21日に投資判断を 「中立」に引き下げており、業績に与える影響を懸念する売りが先行して いる。

三菱モルガンの荒木正人シニアアナリストは21日付のリポートで、 同社の「食べログ」モバイルのユーザー課金のサービス内容を月額課金の 先行サービスのクックパッド「モバれぴ」と比較。「モバれぴ」有料人気 ランキングはメニューの検索数など10以上の基準から算出しているとみ られるのに対し、「食べログ」モバイルでのランキングは基本的にユーザ ーレビューの「並べ替え」にとどまっていると指摘している。

同氏によると「モバれぴ」の月額課金は1日当たり10円未満の294 円だが、「食べログ」は「毎日外食するユーザーにとっても1日当たりで 10円以上のサービスになる」とし、現時点では「食べログ」モバイルの 「2011年4-6月期以降の課金率を保守的な想定に引き下げるのが適当 であると考える」という。

同氏は投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げ、目 標株価を53万円から45万8000円に変更。11年3月期の同社の営業利 益予想を78億円から77億円に下方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE