韓国で若者の海兵隊志願者が急増-北朝鮮の延坪島砲撃で怒り高まる

北朝鮮による延坪島への砲撃で韓 国民間人の死者が出たことに対する怒りが韓国の若者の間で高まって おり、海兵隊への入隊志願者が急増している。

韓国兵務庁の統計によると、海兵隊への入隊申し込みは今月、977 人の募集に対し約3500人に上り、前年比で37%増加した。11月は約 2800人だった。

11月23日の北朝鮮による延坪島への砲撃では民間人2人と海兵 隊員2人が死亡。韓国領土内への砲撃は1950-53年の朝鮮戦争以降で 初めてだった。募集担当者らは、11月の砲撃のほか3月には韓国海軍 の哨戒艇が沈没したことを受け若者の入隊意欲低下を懸念していた。

コ・チャンホさんはがっしりした体格の20歳の大学生。17日に ソウルにある兵務庁の事務所で実施された腹筋や腕立て伏せなどの体 力テストを受けるため待機する間、「戦争になれば戦うつもりだ。海兵 隊員ならより誇りを感じる。一番の敵は北朝鮮だと分かり、われわれ がこれまでいかに気を抜き弱腰だったかを痛感した」と語った。

韓国では男性に35歳までに1年9カ月間の兵役を完了すること を義務付けている。海兵隊だけは志願制。

原題:‘Young Bloods’ Rush to Join South Korea Marines as Anger Grows(抜粋) {NXTW NSN LDRWK70YHQ0XGO>}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE