中国の債券、今年のリターンはアジアで最低-インフレリスク懸念で

中国の債券は、今年のリターンが アジア市場で最低となっている。こうした状況は過去4年で2回目。 中国人民銀行(中央銀行)がインフレ抑制に向けてより積極的な利上 げを余儀なくされるとの懸念を反映している。

人民元建て国債の年初来リターンは1.7%で、英HSBCホール ディングスの指数によると、日本を除くアジアの主要10カ国・地域で 最低。金利が過去最低水準にとどまっているインドネシアの債券リタ ーンは19%と、2年連続で域内首位となっている。

人民銀は2007年以来の利上げを10月に実施して以降、政策金利 を据え置いている。これについて呉暁霊・元副総裁は12月11日、追 加利上げが資本流入を招き、インフレをあおりかねないことが背景に あると指摘した。11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.1% 上昇と、2年4カ月ぶりの大幅な伸びを記録。中国国家発展改革委員 会(発改委)は先週、国民の生活水準を守るため、物価を「至急」安 定させる必要があるとの認識を示した。

興業銀行の債券アナリスト、グオ・ツァオミン氏は、「インフレ率 の大幅な上昇と堅調な経済成長の持続を受け、人民銀は来年、利上げ を5、6回実施する可能性がある」と指摘。「われわれは来年の債券市 場の見通しにかなり悲観的になっている」と語った。

同氏は、指標の10年物国債利回りが11年に4.5%を超えると予 想している。21日は3.83%で取引を終えた。

--Sonja Cheung and Judy Chen. Editors: James Regan, Sandy Hendry

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Hong Kong at +852-2977-6934 or scheung58@bloomberg.net; Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-3043 or xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net