米GMのアカーソンCEO:電気自動車の販売目標を3倍に-関係者

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)のダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)は、 プラグイン型ハイブリッド車「シボレー・ボルト」の市場拡大と同様 のテクノロジーを共有するモデルの追加を通じて、自社の電気自動車 の販売目標を少なくとも3倍に引き上げることを目指している。同C EOの計画に詳しい関係者3人が明らかにした。

計画が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところで は、9月1日に就任した同CEOは今月初め、経営幹部に対し、2015 年までに電気自動車の販売台数を12年の目標の3-4倍に引き上げる 方法を探るよう指示した。GMはこれまでにボルトの販売台数につい て、11年に1万台、12年に4万5000台との見通しを示している。

アカーソンCEO(62)の計画は、GMを差別化し、テクノロジ ーのリーダーとなる戦略を浮き彫りにしている。関係者によれば、同 CEOは新たな市場を追求するとともに、燃料価格上昇に備えるよう 幹部らに話したという。

ボルトは今月、4万1000ドル(約340万円)で米国内販売が開始 された。電池で最大50マイル(80キロ)走行可能なボルトは、11年 7-12月(下期)中に中国での発売が予定されている。GMは先月、 欧州市場で来年発売する電気自動車「オペル・アンペラ」の予約受け 付けを開始した。同モデルはガソリンエンジンを搭載し、走行距離は 370マイル強まで伸びるという。

GMの広報担当者、デーブ・ダロビッツ氏は、同社がボルトと共 通のメカニズムを持つ他のモデルを検討していると述べた。アカーソ ンCEOの電気自動車の販売目標についてはコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE