NYコーヒー先物:13年ぶり高値-ブラジルなど悪天候で生産減観測

ニューヨークのコーヒー先物相 場は13年ぶりの高値に達した。ブラジルとインドの悪天候の影響で 供給が落ち込む可能性があるとの観測が高まった。

気象予報会社ソマール・メテオロロジアが電子メールで送付した リポートによると、世界の主要生産国であるブラジルで過剰な降雨に 見舞われたことからコーヒーの樹木が真菌感染による被害を受ける可 能性がある。インドコーヒー委員会は20日、豪雨の影響で同国の主 要産地で樹木が被害を受け収穫が遅れたため、予想されていた過去最 大規模の豊作は期待できないとの見通しを示した。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(オレゴン州) のフェイン・シェーファー社長は「ドル相場の下落や市場へのファン ド資金の大量流入、天候問題、供給の逼迫(ひっぱく)が材料になっ ている」と指摘。多くの買い手が「供給の争奪戦を繰り広げている」 との見方を示した。

ICEフューチャーズUSのアラビカ種コーヒー先物2011年3 月限は、前日比9.2セント(4.1%)高の1ポンド当たり2.3385ド ル。一時は2.353ドルと、中心限月としては1997年6月以来の高値 を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE