米マイクロソフト:ARM技術の半導体向けOSを発表へ-関係者

ソフトウエア世界最大手の米マイ クロソフトは、英半導体設計会社ARMホールティングスの技術に初 めて対応する基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」のバージョンを発表 する。計画に詳しい関係者2人が明らかにした。

計画は部外秘だとして匿名で語った同関係者らによると、この新 製品は来年1月に開催される家電見本市「コンシューマー・エレクト ロニクス・ショー(CES)」で発表される予定。タブレット型コンピ ューターやその他の携帯端末向けという。

マイクロソフトはタブレット型などの市場で、米アップルやグー グルに後れを取っており、新製品はこの市場で攻勢をかける手段とな る可能性がある。米クアルコムやテキサス・インスツルメンツ (TI)、サムスン電子が製造しているARM技術の半導体は、アップ ルのタブレット型コンピューター「iPad(アイパッド)」に加え、 ほとんどのスマートフォン(多機能携帯端末)で使われている。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ロバート・ブレザ 氏(ミネアポリス在勤)は、ARM技術の半導体向けにフル機能を備 えたウィンドウズの投入は、先行するiPadをマイクロソフトが追 撃する上で最善の方法だと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE