米連邦当局、銀行報酬慣行のルール案を来月にも公表する計画-関係者

米連邦準備制度理事会(FRB) など複数の米連邦当局は来月にも、銀行報酬慣行に関するルール案を 公表する計画だ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

協議が非公開かつ具体案で合意していないことを理由にこの関係 者が匿名で語ったところによれば、当局者らは過剰なリスクテークを 抑制するため、銀行幹部への支給の一部を繰り延べ報酬とすることの 義務付けを議論している。こうした報酬規制は、銀行の規模と比例す る可能性があるという。

オバマ大統領が7月に署名し成立した金融規制改革法(ドッド・ フランク法)は連邦当局者に対し、「不適切なリスクを促す」報酬体系 を禁じる共同のルール作りを提案するよう義務付けている。FRBや 証券取引委員会(SEC)など7つの機関は4月までにルール作りを 完了しなければならない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE