欧州債:ポルトガル国債下落、格付け見直しで-アイルランド債も安い

欧州債市場ではポルトガルとア イルランドの国債相場が下落した一方、ドイツ国債は朝方の下げを縮 小した。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがポル トガルの信用格付けを引き下げ方向で見直す方針を示したことが背景 にある。

ポルトガル10年債とドイツ10年債のスプレッド(利回り格差) は10営業日連続で拡大。ムーディーズはこの日、ポルトガルの経済成 長の「弱さ」を理由に、同国に付与している「A1」の格付けを1段 階または2段階引き下げる可能性を示唆した。ムーディーズは17日に アイルランドの格付けを5段階引き下げた。

RBCキャピタル・マーケッツの欧州金利戦略責任者、ピータ ー・シャフリク氏(ロンドン在勤)は、「最近の動向を考慮すると、 欧州諸国の信用の質に対する懸念はまだ多い」と述べ、「これが周辺 国の国債への重しとなっている。ただ、年末の薄商いで値動きが増幅 されてはいる」と続けた。

ロンドン時間午後4時5分現在、ポルトガル10年債利回りは前日 比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.75%。ド イツ10年債とのスプレッドは357bpに拡大した。アイルランド10 年債利回りは25bp上昇し9.1%。

独10年債利回りは1bp上げ2.98%。中国の王岐山副首相が欧 州連合(EU)の確実な金融安定化への取り組みを中国が支援してい ると表明したことを受け、同利回りは一時3.01%まで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE