中国銀監会:銀行間ローン売却規制を強化、簿外の与信拡大回避へ

中国銀行業監督管理委員会 (銀監会)は21日、銀行間のローン売却規制の強化を発表した。バ ランスシート外の与信が知らぬ間に膨れ上がることを回避するのが狙 い。

銀監会が21日、ウェブサイトに掲載した文書によると、金融 機関はローンを売却する際には、ローンに付随するすべてのリスクも 含めて完全に買い手側に移転することを確実にするよう義務付けられ ている。

今回の規制引き締めで、中国銀行業界のリスク管理強化を図る。 金融機関が過去2年間で行った融資は17兆元と、かつてない規模に 拡大した。銀監会は今年6月、一部の金融機関が融資をバランスシー トから外し、規制の緩い小規模金融機関に移転することで、融資や資 本、貸倒引当金についての規制を回避していると指摘していた。

発表文書によると、銀監会は金融機関に対して、ローン売買を 行う際は自己資本比率や預貸率、リスク資産比率もこれに応じて調整 することを義務付けている。さらに取引を文書化し、バランスシート を含む各会計文書に計上することも義務付けた。

--Feiwen Rong in Beijing, Luo Jun in Shanghai. Editor: Nerys Avery

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE