BOAやドイツ銀、UBSの資産押収-デリバティブで伊当局

イタリアの金融警察は、米銀バ ンク・オブ・アメリカ(BOA)やドイツ銀行、スイスのUBSなど 6銀行の資産2200万ユーロ(約24億2000万円)相当を押収した。 イタリア中部の5地方自治体へのデリバティブ(金融派生商品)販売 での不正疑惑をめぐる捜査の一環。

電子メールでの発表によると、当局はBOAから1500万ユーロ 相当の資産を押収した。ドイツ銀とUBSからはそれぞれ170万ユー ロ相当を押収した。残りはフランスのナティクシス、ベルギーのデク シアの子会社、イタリアのバンカ・モンテ・デイ・パスキ・ディ・シ エナの資産だという。

押収された額は銀行がフィレンツェ市とトスカーナ州、同州内の 3つの自治体へのデリバティブ販売で得た不当利益に相当するという。 警察によると、イタリアの地方自治体は14億ユーロの債務の返済に関 するスワップ契約によって約1億2300万ユーロの損失を被っている。

損失を受けて自治体が契約見直しを進めるほか、議員らはスワッ プの利用を制限する規則を提案した。ミラノでは4銀行のデリバティ ブ関連不正について裁判が行われている。

BOAとドイツ銀の広報担当者はコメントを控え、UBSの広報 担当も直ちにコメントできないと述べた。他の3行には連絡が付いて いない。

警察によると、複数のバンカーと当局者の自宅も捜索された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE