インドとロシア、軍事面での協力や原発建設で合意-貿易拡大目指す

ロシアとインドは、インド陸軍へ のミサイル供給やステルス戦闘機の共同開発、原子力発電所の建設な どをめぐる合意書に調印した。両国首脳は今後4年で貿易規模を2倍 に拡大することを表明した。

ロシアのメドベージェフ大統領は2日間の日程でインドを訪問し ている。これに先立ち、オバマ米大統領や中国の温家宝首相、サルコ ジ仏大統領もインドを訪れている。軍備増強と原子力発電の拡大を計 画しているインドから、主要国は受注を狙っている。

インドのシン首相は21日、メドベージェフ大統領とのニューデリ ーでの共同記者会見で、「とりわけ貿易と経済面で2国間関係を発展さ せる上で大きな可能性が存在する」と指摘した。

インドはロシアにとって最大の武器輸出国で、国防予算を過去10 年で3倍に増やしている。長年対立しているパキスタンのほか、軍事 力を強化している中国に対抗する狙いがある。

インドとロシアが同日公表した共同声明によると、両国は2国間 の貿易額を現在の100億ドル(約8400億円)から、2015年までに200 億ドルに増やすことを目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE