30年、40年債の1回当たり発行額を1000億円増額-来年度計画

政府は2011年度国債発行計画の 中で、30年債と40年債の1回当たりの発行額を1000億円増発する方 針だ。複数の政府関係者が21日、ブルームバーグ・ニュースに明らか にした。

今年度当初の国債発行計画では、40年債が年4回、各3000億円、 30年債が年8回、各6000億円の発行予定だった。これを来年度はそ れぞれ1回につき各1000億円増発するもので、合計では1.2兆円増発 することになる。

財務省は20日、主な機関投資家などで構成する国債投資家懇談会 と、証券会社や銀行の関係者で構成する国債市場特別参加者会合を開 き、11年度の国債発行計画について意見交換した。財務省幹部が会合 後に記者説明したところによると、参加者からは30年債、40年債を 1回当たり1000億円増発する余地があるとの意見が多かったという。

--取材協力 下土井京子 池田祐美Editor:Hitoshi Ozawa, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553   canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE