韓国:境界近くのクリスマスツリーを警護、北朝鮮の砲撃を警戒

韓国軍は北朝鮮との境界線に近い 高さ30メートルの塔を警護する。クリスマスツリーの形に電飾を施し たこの塔を、北朝鮮が砲撃する可能性があると考えているためだ。金 寛鎮(キム・グァンジン)国防相が21日、明らかにした。

同国防相は議会の国防委員会で「砲撃があれば発射源に対し断固 報復する」と語った。

計画されているこの塔の電飾は、北朝鮮との間の「心理戦」の一 環だと韓国紙、中央日報が15日報じた。金国防相は、韓国の教会が行 っているイルミネーションの意味は宗教的なもので政治的ではないと 述べている。

中央日報によれば、塔がライトアップされるのは2004年以来。エ ネルギー不足に陥り外部支援に頼っている北朝鮮はこの塔の解体を要 求したという。

韓国は5月に、北朝鮮向けのラジオ放送を6年ぶりに開始した。 同国の哨戒艦沈没が北朝鮮の攻撃によるものだとする国際委員会の調 査結果を受けて広報作戦を再開。今月20日には、先に北朝鮮の砲撃を 受けた延坪島周辺で射撃訓練を行った。

-Editors: Brett Miller , Brian Fowler.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Seonjin Cha in Seoul at +82-2-3702-1601 or scha2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE