上海錦江:世界最高層ホテルを上海に建設へ、最上階は575メートル

中国のホテル経営会社、上海錦 江国際酒店集団は、世界で最も高い階層にあるホテルを上海に建設す る計画だ。隣接するパークハイアットや、来年3月に香港にオープン するザ・リッツ・カールトンを上回る高さになる。

上海錦江国際酒店が19日に香港証券取引所に提出した資料によ ると、開設する「上海中心(タワー)Jホテル」は地上121階建ての 上海中心の84-110階部分を占め、客室数は258室。上海中心大廈 建設発展との合弁会社が建設を担当する。

上海中心は浦東地区のビジネス街で建設が進められており、2014 年に予定される完成時には632メートルと、世界で2番目に高いビル となる。上海中心Jホテルの最上階110階は、高さ約574.5メート ルになる予定。

現在、世界で最も高い階層にあるホテルは、森ビルが開発した上 海環球金融中心内のパークハイアットで、高さ492メートルの同ビル の79-93階に位置している。香港にオープンするザ・リッツ・カー ルトンは490メートルのビルの102-118階を占め、上海のパークハ イアットを抜く予定だ。

上海中心の完成後も、ビル自体の高さでは、アラブ首長国連邦(U AE)ドバイ首長国の「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)が世 界首位を維持する。ブルジュ・ハリファには、ファッションデザイナ ー、ジョルジオ・アルマーニ氏が初めて手掛けたホテルが入っている が低層階にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE