東証:新興企業向け「マザーズ」の上場規則を見直し

東京証券取引所は21日、新興企 業向け市場「マザーズ」の上場規則を見直すと発表した。将来の成長 性を重視するなど上場審査を緩和する一方、最低時価総額を引き上げ て上場廃止基準を強化する。成長が見込める企業の上場を促すと同時 に、上場後に業績が低迷する企業を退出させて市場活性化を進めてい く狙いだ。

上場廃止については、時価総額基準を上場から10年後の企業を対 象に現在の5億円未満から第1・2部と同じ10億円未満に引き上げる。 上場規則は2011年3月をめどに実施する予定。すでにマザーズに上場 している企業については施行日の3年後から適用する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE