香港とシンガポールがトップ、投資に適した経済統治-アジア地域番付

香港とシンガポールがアジア太平 洋の国・地域で最も投資に適している―。シンガポールのコンサルタ ント会社ブリエンズ・アンド・パートナーズの報告によれば、行政の 効率や貿易への開放度、優遇税制が高い評価の背景にある。

2010年のアジア太平洋地域の「国際ビジネスにとって好ましい統 治番付」で香港が18カ国・地域中で1位、シンガポールは2位にラン クされた。法の支配、国際貿易・企業に対する開放度、税制、汚職、 公共部門の質と効率性、財政・金融行政の各分野について、鉱業や石 油・ガス、通信、消費財関連企業の経営幹部100人を対象に調査を行 った。

ブリエンズのマネジングパートナー、ハンス・ブリエンズ氏は17 日のインタビューで、「開放度と成功、一人当たり国内総生産 (GDP)との間には相関関係がある」と指摘した。

アジアで事業展開する多国籍企業などを顧客に持つ同社は、シン ガポールとマレーシアについて、今後2年のうちに欧州連合(EU) と自由貿易協定(FTA)を締結すれば、海外から直接投資が伸びる と予想している。

全体の順位                         東南アジアの順位
順位 国・地域       スコア         順位 国・地域       スコア
1    Hong Kong      93.1           1    Singapore      92.9
2    Singapore      92.9           2    Malaysia       65.4
3    New Zealand    87.3           3    Thailand       56.4
4    Australia      81.3           4    Indonesia      46.9
5    Japan          70.5           5    Vietnam        43.7
6    Taiwan         68.7           6    Philippines    43.3
7    Malaysia       65.4           7    Timor Leste    40.1
8    South Korea    64.6           8    Cambodia       36.7
9    Thailand       56.4
10   China          54.5
11   India          47.9
12   Indonesia      46.9
13   Sri Lanka      44.3
14   Vietnam        43.7
15   Philippines    43.3
16   Timor Leste    40.1
17   Cambodia       36.7
18   Bangladesh     33.4

(出典: ブリエンズ・アンド・パートナーズ)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE